インプラント矯正
クリニック案内 スタッフ紹介 矯正歯科 費用 予防歯科 アクセス 診療スケジュール

インプラント矯正

インプラント矯正とは?

歯科矯正用の小さなインプラントを顎の骨に埋め込み、このインプラントを固定源として歯を動かす治療方法です。

写真はインプラント矯正の参考模型です。 実際には犬歯のうしろの小臼歯を抜歯してそのスペースをインプラント矯正で効率よく後退させます。

模型はニッケルチタン系のスプリングを利用して牽引している例です。
従来の矯正治療では難しい歯の移動が可能になり、ケースによっては理想的な歯並びを獲得するために非常に有効な治療方法です。

【インプラント矯正の参考模型】
【インプラント矯正の参考模型】

歯科矯正用インプラントについて

生体と親和性の高いチタンという金属でできています。
直径1~2mm 長さ6~10mmほどのネジです。

【ミニスクリューインプラント(チタン製)】
【ミニスクリューインプラント
(チタン製)】

Pagetop
メリット
  • 今まで患者さんの協力(ヘッドギアやゴムの使用)が必要だったケースで、それらの使用が最小限となる、もしくは必要なくなる。
  • 良い治療結果が得られやすい。
  • 今まで治療困難とされていたケースが治療可能となる場合も多く、矯正治療の幅が広がる。
  • 非抜歯矯正(歯を抜かずに行う矯正歯科治療)の可能性が拡大。
  • 治療期間が短縮できる場合が多い。
デメリット
  • 局所麻酔を行い植立手術が必要である。
  • インプラント植立手術費用が別途かかる。
  • インプラントが脱落した場合は再植立が必要である。
    自然脱落(頻度は少ない)が生じた際の再植立費用はいただきません。

インプラント矯正の流れ

1:インプラント植立手術

歯科治療で通常使用する局所麻酔を行い、植立します。
かかる時間は本数にもよりますが、10~20分程度です。

2:矯正治療開始

インプラントが安定してから治療を開始します。
インプラントを固定源とし、歯を動かします。

3:インプラント除去

インプラントが必要な期間(通常半年から1年)が終わればはずします。
傷跡も通常1週間ほどできれいになります。

4:矯正治療終了

インプラント除去後も、矯正治療が終了するまで、調整が必要です。

インプラント矯正Q&A

インプラントの手術はどこで受けるのですか?
当医院で責任を持って行います。
インプラントのお手入れはどうすればよいですか?
歯ブラシで軽くみがき、清潔にしてください。
(不潔な状態では周囲が炎症を起こす可能性があります。)
ただし、植立後2~3日は、食後にこちらでお渡しするうがい薬でゆすいでください。
費用はどれくらいかかりますか?
通常の矯正治療費にインプラント植立費(1本¥16,200で通常2~4本植立します)が加わります。
Pagetop