マウスピース型カスタムメイド矯正装置
クリニック案内 スタッフ紹介 矯正歯科 費用 予防歯科 アクセス 診療スケジュール

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)について

インビザラインについて

「アライナー」と呼ばれる透明で、 取り外し可能 な矯正装置(マウスピース)を段階的に取り替えて使用することで歯の移動を行う、米国で開発された歯列矯正システムです。

患者様は治療目標が達成されるまで、通常は2週間毎に新しいアライナーに交換しながら、一日約20時間装着し、歯を徐々に移動させます。

※インビザラインは海外技工物で完成物薬機法の対象外であるため、医薬品副作用被害救済制度の対象とならない場合があります。


Pagetop

治療の進め方

Step01 精密検査

Step01 精密検査

お口の中の状況を詳しく調べるため、検査を行います。


Step02 診断

Step02 診断

精密検査の結果を基に、治療方針をご説明いたします。


Step03 精密印象

Step03 精密印象

特殊な材料で精密な歯型を取ります。
現在、光学印象採得を行っております。


Step04 歯型をコンピューター上で3DCG化治療終了までのシミュレーションを作成

Step04 歯型をコンピューター上で3DCG化治療終了までのシミュレーションを作成

治療計画に基づいた3DCG治療シミュレーションを作成します。


Step05 矯正医によるシミュレーションのチェック・修正

Step05 矯正医によるシミュレーションのチェック・修正

インターネットを通じ、当医院医師がシミュレーションをチェック、修正。


Step06 アライナー作製

Step06 アライナー作製

治療シミュレーションを終了まで数十段階に分け、各段階の全てのアライナー(マウスピース)が作製されます。
(歯型を取ってから約1ヶ月から1ヶ月半かかります。)
作製されたアライナーはひとつひとつパッケージされています。


Step07 治療開始

Step07 治療開始

2週間ごとに新しいアライナーに交換しながら、徐々に歯を動かしていきます。
治療中、1日20時間以上の装着が必要となります。


Step08 治療終了および保定

Step08 治療終了および保定

治療終了後は、他の治療方法同様、保定が必要となります。


Pagetop

メリット&デメリット

メリット
  • 透明である
    薄く、透明なため、装着していても目立ちません。
  • 自分で取り外し可能なので衛生的
    食事やブラッシング時に取り外し可能なため、治療中お口の中の健康がより良く維持されます。
  • 金属アレルギーの方も安心
    装置はプラスチックでできているため、金属アレルギーのため矯正をあきらめていた方も治療可能です。
デメリット
  • 症状によって補助装置が必要となる。
  • 患者さんに1日約20時間装着してもらわねばならない。
  • 他の方法に較べ治療費用がかかる。

Pagetop

Q&A

従来の矯正治療と比較して治療期間は長くかかりますか?
治療期間自体に大差はありません。
但し、CAD/CAM(光造形)技術を通じ、矯正医の計画に基づいてアライナーを製造するため、歯型をとってから治療を開始するまでに1ヶ月から1ヶ月半ほどかかります。
マウスピースでどのような歯並びでも治るのですか?
幅広い症例に適応できますが、補助装置(従来型のワイヤーによる矯正治療など)が必要となるケースもあります。
マウスピースをつけていると、話しにくいですか?
通常、数日で慣れてきます。
マウスピースを装着したまま飲食できますか?
基本的に、食前に外し、食後歯磨きをしてから装着して下さい。 歯にくっつきやすい食べ物はマウスピースについてしまうため、食べる前に必ずマウスピースをはずしてください。 飲み物も着色の原因となります。また、マウスピースを装着したままでジュースなどを飲むと、むし歯の原因にもなります。 もしそのまま飲食されたときは、マウスピースをはずし、よく歯磨きをしてください。マウスピースも清掃してください。
喫煙できますか?
マウスピースが変色する可能性があるため、装着している間は喫煙はさけてください。
Pagetop

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)について

1.インビザラインは製作を海外の工場で行うため、薬機法における医療機器に該当しない未承認医薬品です。

2.インビザラインは米国のアライン・テクノロジー社が製造しており、アライン・テクノロジー社の日本法人であるインビザライン・ジャパン株式会社を通じて入手しています。

3.マウスピース型カスタムメイド矯正装置のメーカーは国内外に多数あり、日本で承認を得ている矯正装置も存在します。

4.インビザラインは1998年に米国食品医薬品局(FDA)により医療機器として認証を受けており、これまでに重大な副作用の報告はありません。

5.インビザラインは完成物薬機法対象外での矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

Pagetop