矯正Q&A
クリニック案内 スタッフ紹介 矯正歯科 費用 予防歯科 アクセス 診療スケジュール

矯正Q&A

矯正はいつ始めればいいのですか?
症状によって治療開始時期が違いますので、気づいた時点でなるべくお早めにご相談されることをおすすめします。顎の成長が旺盛な小学生の時期に矯正治療で顎の幅を拡げてあげ、健康な歯を抜かずに歯並びを改善できるケースもあります。上下の顎骨のバランスが悪い場合、 特に受け口や顎が曲がっている場合は乳歯列でも矯正治療を行うことがあります。気づいた時点でお気軽にご相談下さい。
なるべく目立たない装置はありますか?
歯の色に近いセラミックブラケットは従来のメタルブラケットと比較すると、目立ちにくいです。
また、歯の裏側に付ける裏側矯正(リンガル)、透明で取り外し可能なマウスピース矯正といったほとんど装置を付けていることが分からない方法もあります。

矯正Q&A

歯を抜かなくてはなりませんか?
できる限り大切な歯を抜かずに治療いたします。
ただし、歯を並べるためのスペースがかなり不足している場合(でこぼこが重度な場合)や、前歯の位置を積極的に後退させたい場合は抜歯を検討致します。
歯を抜くか抜かないか、抜く必要がある場合、どの歯を抜歯するか、という点は非常に大切な問題です。
精密検査のデータをもとに、詳しくご説明致します。
大人でも治療できますか?
年齢に関係なく歯並び・かみ合わせは改善できます。
また歯並びが悪く機能していない(かんでいない)歯を正常な位置に移動させて利用する方法もあります。
歯並び・噛み合わせを改善することは、見た目ばかりではなく、虫歯・歯周病予防にもなり、バランスよく、しっかり噛めることで全身的な健康にもつながります。
当クリニックでは、装置が見えない、歯の裏側に装置をつける治療方法や、取り外し式の透明な装置を使用する治療方法も行っております。どうぞお気軽にご相談下さい。
上顎のみ、下顎のみの治療は行えますか?
可能な場合もあります。
ただし、上顎のみ下顎のみの治療を行うことで、かみ合わせの不調和を生じることがあります。
そのような場合は全体(上下とも)の治療をおすすめ致します。
医療費控除の対象になりますか?
発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。
大人の矯正治療においても、医療費控除の対象と判断される場合がほとんどです。
(診断書が必要となる場合があります。)
痛くないですか?
装置が入ったときや調整を行ったあと、歯が浮いたような痛みを感じる場合があります。
症状には個人差がありますが、通常3日~5日程度でおさまります。
虫歯になりませんか?
歯磨きの方法を指導しますのでご安心下さい。 必要なときにはこちらで歯のクリーニングも行います。
また、食べ物や食べ方の注意点なども説明していき、虫歯予防のお手伝いをしていきます。
万が一虫歯ができた場合は、当クリニックで治療を行えます(保険治療可能です)
結婚式を控えているのですが、急いで治療してもらえますか?
お急ぎの場合は、気になる点を優先的に治療いたします。
表側矯正の場合は、式のなるべく直前に装置を外し、歯が動かないよう保定を行って、挙式後に治療を再開して頂けます。(※この場合、再度装置を付けるための費用がかかります。費用については治療前にご提示致します)
透明で取り外し可能なマウスピース矯正や裏側矯正も選択して頂けます。
(裏側矯正の場合は一部奥歯に付けている装置が表側から見える場合があります)
お口の状況により最適な方法をご提案致します。

矯正Q&A

Pagetop